2015年7月17日

統計祭り(前編)~動画を利用して学習中~


論文を読んだり、訳したりするのに避けて通れない道、それが統計道・・・。分からないことが出てくると、該当部分をネットで検索したり、参考書をつまみ読みしたりしてしのいできたんですが、ここに来て「統計の感覚が染みつくぐらい理解してないとダメ」というアドバイスをいただき、本気でやるか・・・と何度目かの決意に至りました。←えぇ、毎回途中で挫折しております。

ふふふ、今回は挫折せずに楽しんで勉強できていますよ!ということで、統計祭り(前編)としてまとめたいと思います。

★教材

自宅にある統計関連の本を積み上げると、けっこうな量になります。図書館で借りただけのものも含めれば相当な高さになる・・・と思うのですが、そのときはわかった!となるものの、染みつくまでには至らない状況。

そこで、一度今までやったことはすべて忘れて、超初歩の初歩から積み上げてみようと決意し、ネットの無料講座を探すことにしました。日本のiTunesUで検索したところ、レベル別に色々ありましたが、入門から段階的にステップアップできそうな早稲田大学の向後千春先生の講義を見ることにしました。

以下に受講した講義と短い感想を記します。

1)入門統計学 01 
大学内のホームページにもリンクがありますし、iTunesUでも公開されています。
https://itunes.apple.com/us/itunes-u/ru-men-tong-ji-xue-xiang-hou/id651361513?mt=10

<感想>
本当に超超基礎レベル。短めの動画を再生するだけという気楽さもあって、統計アレルギーを起こさずにあっという間に受講終了。とっかかりとしてはすごくいいと思います。先生も親しみやすいです。残念なのが、講義後に行う自習課題のサンプルデータをDLできないところ。
講義を聴いて、Excelを使って簡単な関数をやってみると、理解がさらに深まりそうなだけに残念でした。

2)統計学 I 
https://itunes.apple.com/us/itunes-u/tong-ji-xuei-xiang-hou-qian/id651359482?mt=10

<感想>
「差があるかないか」について調べる手法を学びました。(χ二乗検定、t検定、分散分析)
私みたいに苦手意識がない方はここからスタートで十分だと思います。
この講義用にテキストが発売されています。テキストを読んで、講義を見て、自分でExcel計算をやってみると「ぼんやり」していた理解が「かっちり」確かになって、すごくよかったです。

テキストはこちら



おまけ
3)統計学入門 01
http://course-channel.waseda.jp/subject/contents/1100001110/01/11#

<感想>
同じ早稲田の西郷 浩先生の講義。こちらは感覚を磨くというより、きっちりと知識を積み上げていきましょうというタイプ。本で読んだことがあるような内容なんですが、人が話しているのを聞くと理解が深まる気がしますし、動画の授業っていいなと思いました。サンプルデータもDLでき、先生と一緒に操作します。 08.「第3回講義 第1章 代表値」から医薬に近い話しが出てきますので、お急ぎの方はここから視聴でもよいかも。

★自分でやってみる

これまでの勉強と何が大きく違うかというと、やっぱり自分でやってみる、に尽きると思います。
先生が動画で話されていることは、何度もテキストで読んでますし、なんとなくわかってるよ・・・という事項ばかりなんです。でも、「さぁ、実際にExcelに数値を入れて、数式を書いて計算してみましょう」と言われ、実際に「えっと、このセルとこのセルの差を二乗して、それからルートかけるんだから・・・」と頭を使うとテキストを眺めるだけより、動画を見るだけよりもずっと統計感覚が身につきやすい気がします。汗を流してわかることもあるというか。

テキストには使用するExcel関数や数式がきちんと書かれているので、途中で「あれ?どうやるんだっけ?」となっても、戻って確認すれば難なくわかるしくみも効率がよく、学習者の負担が軽くていいなと思いました。

世の中には「数式を使わない」統計学の本もたくさんありますし、数学嫌いの私には大変ありがたいのですが、そもそも数字の話しをしているので、やっぱり言葉だけで説明されても完全に理解するのは難しいですよね。その点で、このExcelでやってみる方式は、数式ほど難しくないけど、数字をいじってみて出てきた数字をその場で検証できるので理解しやすいように思います。

★今後

さて、統計の入り口をしっかり勉強し、アレルギーがなくなったところで、今後について。
同じ向後先生の統計学IIで、回帰分析と因子分析を勉強します。その上で、今度は実際の論文等に書かれた内容を解釈できるように、生物統計についてもう少し特化して勉強していきたいという野望が。このアタリはまた後編としてお伝えできればいいなと思っています。がんばりまーす!

統計学IIのテキストはこちら。今度はアイスクリーム屋さんが舞台に。こちらから読み始めても大丈夫ですよ!



0 件のコメント:

コメントを投稿