2014年7月29日

西村多寿子先生&森口理恵先生のホームページ

★西村多寿子先生
駆け出しのころから愛読しているブログのひとつに「器用貧乏なメディカルライターの備忘録」があります。その管理人でいらっしゃる西村多寿子先生のホームページが更新されました。

西村多寿子のホームページ

西村先生は、フェローの講師をなさったり、医療関連の英語教育に取り組んでいらっしゃる先生で、少し前はアメリアの定例トライアルの出題者をなさっていたので、ご存じの方も多いと思います。 
※他の翻訳者さんから「トライアルの出題はないのでは?」というご指摘をいただきました。お詫びして削除します。何かの講評を拝見して「わかりやすい」と思ったのは間違いないのですが、定例トライアルではなかったのかも・・・と自信が揺らいでしまいました・・・。大変失礼いたしました。

私は直接講義を受けたこともありませんし、お会いしたこともないのですが、定例トライアルの講評を読んで「あぁわかりやすいなー」とファンになりました。他にもMediEigoで執筆されているのを愛読していましたし、いつか講義を受けてみたいあこがれの先生です。

ホームページが更新され、今まで日経メディカルの医師会員限定用に執筆されていたコンテンツも一般でも閲覧可能になったようです。嬉しい!夏休みの間にじっくり勉強できる!

詳細は<医学論文の読解・作成>を確認してくださいね。
他にもお宝情報がたくさんあります!

★森口理恵先生
もうひとつご紹介です。
医薬翻訳を目指すのであれば、まず手に取る書籍・・・と言っても過言じゃないと思います。
まずはこれから!医薬翻訳者のための英語』の著作でおなじみの森口理恵先生のホームページをご紹介。

R&Aメディカル

森口先生も過去に執筆された記事を公開してくださっています。
日本翻訳ジャーナルで連載されいている『誌上トライアル』をまとめて読むことができます。

連載記事
第22回~ から掲載されています。(その前は電子化されていなかったのかな?と推測)

他にも仕事環境の向上に熱心な先生の工夫を公開してくださる「仕事の道具とコツ」というページもオススメです。



こうやって先生方がこれまで書かれたものや、仕事のコツ、心構えなどを惜しげも無く公開してくださるってすごいことだなと思います。本当にありがたいです。

なかなか翻訳が上手くならないとか、ミスってしまったとか、凹んだ・・・とか言ってないで、勉強する環境がこれまで以上に整っているのだから、あとはやるだけ・・・ですよね!
質の高い記事が公開され、海外の大学のオンライン講座なども受講可能になっているわけで、勉強する機会は広がっています。あとはやるかやらないか、自分にかかってきてるんだな・・・と思いました。がんばろっ


0 件のコメント:

コメントを投稿