2013年3月23日

再掲!Googleハングアウトで生放送!関根マイクさんとの3時間(内容編)

※以前に取り下げた記事内容について、
構成を大幅に変更して以下に再掲載いたします。

317日の夜間に、3時間ほどGoogleハングアウトを利用して
関根マイクさん @mikesekine とお話をさせていただきました。
準備編として、Googleハングアウトの設定方法や終了直後の感想など、
書いているのですが、
ここに改めて3時間でお話いただいたことをまとめてみようと思います。

また私の感想なども織り交ぜて書いておりますこともご了承ください。

★翻訳を始めたばかりの新婚時代を経て、現実に直面。ビジネス戦略を持つように。

すでに13年以上もキャリアがあるマイクさんにも
やはり新人時代はあったわけで、ちょうど今の私と同じように
「ただ翻訳するのが楽しい、やりがいもある、目の前の仕事を一生懸命やるだけ」
といった時代を経験。
そして、もちろん、仕事を請けるのは100%エージェント経由だったそうです。

しかし、今より3倍仕事しても収入は今以下という厳しい現実に直面し、
これでは健康で長く仕事はできないと気づいたそうです。

何か先輩の助言や、読んだ本に影響されたのですか?と質問してみましたが、
毎日の仕事の中で、勉強も重ねて、自己投資もしていくうちに
自然と自分のビジネス戦略を考えるようになったということでした。

★ビジネスとしてやっていけると思ったのは、エージェント率が3割になったころ。

翻訳者が毎日8時間以上も仕事をし続けたら
創造力が枯渇してしまう。
何もやらないオフの日や本や映画を楽しむ時間が必要と考え、
その時間を捻出するためにもエージェントとの付き合いを再考したそうです。

とは言うものの、エージェントとお付き合いが完全になくなってるわけでもなく、
きちんと翻訳に理解があり、時間や金銭的にも理解があるエージェントさんとは
今でもお付き合いが継続しているとか。

探せばそんなエージェントさんもある、ということですね。(もちろん腕がなければ、話になりませんが)

またエージェントの比率よりも直取引の比率が高まるにつれて、
ビジネスとして本当の意味でやっていけると感じるようになったそうです。

最初は随分ご苦労があったとお聞きしていますが、
新人時代からうまく脱出し、一歩先に出るビジネス戦略を持つことで
今のご活躍に繋がっているのがわかります。

★業界全体の底上げをしなければ、レートの下降傾向は止まらない。

ひとりひとりがビジネス戦略を持って、エージェントとお付き合いしたり、
ニッチ市場を開拓したりして、翻訳業界全体を盛り上げないと、
このレートの下降傾向は止まらないと繰り返していらっしゃいました。

この放送前にもTwitterでのマイクさんの発言に起因して議論が起こりましたが、
ちょっと過激な内容であっても、誰かの気持ちが変化して、行動をおこし、
その行動が次の人の気持ちの変化へとつながっていく。
こうやって広がっていけば、業界全体の意識というか、常識も変わっていくのかもしれませんね。

ご参考までに、最近、マイクさんのツイートが起因となり、
翻訳クラスタ内で議論が生まれました。その経過がこちらにまとまっています。


★直取引やいいエージェントを見つける最良手段はパッシブ(passive)な営業!

今の時代、10年前とは違って、営業手段はいくらでもあるはず。
何でもあるけれど、何も飛び込み営業をしろ、ということではなく、
もっと受け身な営業が効果があると。

よく病院に行くと、「○○科専門医認定 ○○学会」とか
お免状が掲示されてませんか?あれがパッシブな営業の一例だそう。
 
もし弁護士が「交通事故とかでお困りじゃないですか?」って
自分の家にピンポンしにきたとしても、
絶対その人に弁護を頼みたくないですよね。怪しすぎる・・・。
医師や弁護士が飛び込み営業などしたら逆に信頼を失う訳です。

翻訳の場合もまったく同じで、
能動的な営業をするよりも、passiveな営業が有効。
ブログなどのメディアを通じて、
適切な形で自分の専門知識を記すとか、
少しずつでもいいから、ファンを増やし、
相手が自分を信頼してくれるようにする。
これがpassiveな営業の肝となるそうです。

実は、私もJTFの翻訳祭でマイクさんの講演を聞いてから
このブログをリニューアルして、
自分の勉強も兼ねて、論文を元に記事を書いて
専門知識もアップデートしてるよ、というのをアピールしています。
ですが、私の場合は、ただ、それだけになってしまっていて、
次の一手を打っていないのが問題となっているように思います。

この点に関して、さらに踏み込んだアドバイスを具体的にいただきました。

★情報を分析する必要性。翻訳作業の調べモノと同じように、市場を読むべし

普段の翻訳業務で、論理的に考えるのは必須だし、
勉強したり資料を読み込んだり、調べモノをするのも仕事の一部。
その論理性を使って、市場の将来を考えればいいと。

なるほど・・・。普段、こんなにネットで裏を取ったり、
原文が求めていることを理論的に考えているわけですから
誰でもできるかもしれませんね。

日頃の調べモノから派生して、
マーケットが求めているものは何かを考える場合、
対象が幅広くなる分、色んな答えがでてきて面白い、とマイクさん。

なるほどー。広がる分だけ大変じゃん!と思っていたので、目から鱗でした。
ただわかんないよ、って嘆いているだけじゃ、ダメですものね。

★ゲーム理論で複数のプレイヤーの中で勝ちにいく。行動経済学も必読。

複数いるプレイヤー(翻訳者)の中で、
複数の、しかも自分よりも情報を多くもっているエージェントとどうやって戦うか。
この戦いを制するには、ゲーム理論がすごく勉強になるそうです。

マイクさんのオススメというわけではないのですが、
kindleでこの本を買ったので、この週末に読む予定です。


行動経済学から市場を読むことについては、
昨年のJTFの講演内容の前半部分が参考になりますね。
(まとめはこちら。ただし、肝心の行動経済学については詳細を記していません。)

★ニッチ市場を見つけ、早く入ること。

これはTwitterからも「市場を深く掘り下げることで見つかる」
と書いている方もいらっしゃいました。
そして「早いモノ勝ちで、そんなに何人も入れない」ということも知っておかねばなりませんね。

★自分が所属しているコミュニティでの認知度を高める。

コミュニティでの認知度があげれば、営業として強い。
そして認知度を上げる最良の方法は、
ターゲットにしているコミュニティで自分の名前で本を出すこと。

お客さんは、個人でも企業でもその形態を問わず、
とにかくいい仕事をしてくれる人と仕事をしたいと思っているわけで、
どんな人がいい仕事をしてくれそうかという判断基準の一つとして
やっぱり「本を書いている」というのは大きいということ。
この場合、訳書じゃなくても、自分で書いた本でもいいというアドバイスもありました。

確かに、○○を書いた著者とか訳者という看板の方が
お免状よりも強力な武器になりそうですね。

さらに放送の後半には、医薬翻訳、特に治験についての話題になりました。

★レートが上がる要素が見当たらない。ラットレースからの脱却を。

Twitterからも指摘がありましたが、
医薬翻訳の下落傾向が止まらない現実を見て
このままでは5年後に仕事が今よりよくなっているとは思えないと。。

毎年新しい(安い)翻訳者がたくさん参入し、
しかも治験のように比較的定型化文が多い分野であれば、
安い人にどんどん仕事が流れるのは避けられませんよね。
実のところ、私はこの恩恵にあずかって、市場参入を果たしたわけですし。

さらに製薬会社はエージェントとしか契約しないのであれば、
自分達でエージェントを立ち上げるというのも
ひとつの戦略じゃないかという指摘もありました。

Twitter上でも治験を専門分野にしている翻訳者から
思わず悲鳴があがるような内容でしたが、
この厳しい現実を把握した上で、
情報を分析し、市場リサーチをし、ニッチを見つけて入っていけば
なんとかなる・・・と信じたいです。

5年後も10年後も20年後も、翻訳への愛を失わずにいたいですし、
きちんと食べていきたいですもの。

さて、ちょっと話が変わりますが、
三度の飯より読書が好きなマイクさん。
初歩的な質問として、読書の意義は何かを問うてみました。

★自分の剣を磨くのはプロとして当たり前。読書をしない翻訳者は詰んでいる!

私たちが普段使っている言葉は
オリジナルのものではなくて、誰かからの借り物。
見聞きしたものを使っているに過ぎない。
じゃあどこで言葉(表現)を得るかとえば、
本を読んで身につけるしかない、ということでした。

読書をインプットとすると、読書感想文はアウトプット。
私も細々と読書感想文プロジェクトをやっていますが、
思うように進んでいないと告白したところ、
必ずしも10冊読んだら10冊分の感想文を書く必要はない。
でも、私のように語彙が圧倒的に足りてないと感じていて、
身につけたいのであれば、たくさんインプットして、アウトプットするという
サイクルをきちんとつけることで、語彙は伸びるとアドバイスをいただきました。

目的を持っているのなら、乱読じゃなくて、
ターゲットを絞った方がいい、というアドバイスも
Twitter上でいただきましたし、
私もだらけていた読書プロジェクト、少してこ入れしていこうと思います。

さて、Twitterでも質問をたくさんいただきましたが、
その中からレート交渉についての質問をここでまとめておこうと思います。

★レート交渉は、タイミングにかかっている!

レート交渉で大事なのは、自分が絶対に断られないタイミングで行うこと。
エージェントの中での自分の立場(発注頻度、現在のレートなど)、
市場の中での立場(分野の特殊性など)を考えて、タイミングを計る。

例えば、内容もすごくニッチで、
自分が断れば翻訳者を探すのに苦労しそうなのがわかっていれば、
エージェントはレートを上げざるを得ない。

でも、あんまり貢献度もなくて、他に代わりがいそうであれば
エージェントはわざわざレートを上げることはないし、
上げたとしても、その後発注されることはなくなる・・・(怖い・・・)

さらにもうひとつ、交渉の大原則を応用した
明日から使える具体的な交渉術を教えていただきました。

★自分が強い立場で交渉をすすめる

相手より優位な立場で交渉を進める、これは大原則なのだそうです。
翻訳者にとってエージェントよりも優位な立場とは、
交渉が決裂しても、痛くもかゆくもない状況、
と考えられます。

具体的な例として以下を説明いただきました。
現在、A社、B社、C社と契約していて、
今回運良く新規でD社と高いレートで契約を結ぶことできたとする。

この高いレートを材料にして、
3社のうち一番レートの低いA社と交渉をスタート。
A社が値上げに応じてくれれば、それでよし、
A社が応じなければ、お取引をやめればよいと。

仮にA社からの発注がゼロになっても、
さらにレートの高いBCD社が残れば
問題ないですよね。

さらにレートをあげながらポートフォリオの整理もできるし、
この一連のやりとりを繰り返していくけば
レートが上がっていくことになるわけです。

・・・・・
他にもたくさんの質問にお答えいただいたのですが、
とても全部はご紹介できずにすみません。

新しいタイプの勉強会をやってみようという話も出ましたし、
次はダラダラ形式ではなく、ちゃんアーカイブに値するような
内容の放送を目指したいなと思います。

お聞きいただいたみなさん、
そして勉強になる話題で盛り上げてくれたマイクさん、
どうもありがとうございました!

2013年3月21日

Googleハングアウトで生放送!関根マイクさんとの3時間(準備編)

先日、YoutubeやUstreamを使った情報発信や勉強会についての記事を書きましたが、
先週の日曜日、私もはじめて放送に参加してみました。

まず私が関根マイクさん@mikesekine に質問を投げかけ、
放送中にTwitter上で広くマイクさん宛ての質問を募集する、 
という形の番組を3時間ほどやりました。

事前準備期間もほとんどなくて、ぶっつけ本番でやりましたので
お聞き苦しかったと思うのですが、
せっかくなので放送に至るまでの準備期間、
放送中に学んだこと、終わってからの反省をまとめておこうと思います。

まず本記事では、準備に関することと、終わってからの反省点を中心に。
別記事で、本編の内容について書きたいと思っています(掲載日は未定ですが)

1. Google ハングアウト
今回選んだのはGoogleハングアウトを使う方法。
ツイキャスでも、話者がSkypeで繋がって、回線をつなぎながら放送できたりするみたいですが、
すごくめんどくさいことががわり、ハングアウトを選択しました。

★ハングアウトとは
ハングアウトとは、GoogleのSNSサービスであるGoogle+(通称ぐぐたす)の一部機能で、
Google+で繋がっている人であれば、誰でも気軽に顔を見ながらお話ができます。(=TV電話)
今回のようにハングアウトで撮影した動画をYoutubeに流せば、
多くの人の目に触れることになりますが、(=ストリーミング放送)
クローズド設定にして、ハングアウトに参加している人の間だけで
会話を楽しむこともできます。(=動画チャット的な)

カメラがあれば、TV電話みたいにお話もできますし、
ちょっと部屋が汚いとかすっぴんだからということであれば(=私)
カメラ機能をオフにして音声だけで会話することも可能です。(=電話)

★準備
テリーさんがFBでわかりやすくまとめてくださっていたのを元に
少し情報を補足してご紹介します。

[ハードウェア]
少なくとも、PC+Webカメラ+マイクが必要です。
できれば、ヘッドセット or ヘッドホンがあるといいですね。

マイクさんはヘッドセットを使っていたそうですが、
私は、ノートパソコンに内蔵されていたカメラとマイクでやりました。
エエ声芸人のマイクさんと私を比べるのもなんですが、
私の声は聞きにくかったかもしれませんね。でも、まぁ大丈夫でしょう、のレベルだったと思います。

[Google+のアカウント]
Googleのアカウントを取得後に、
Google+ のアカウント設定が必要となります。

ややこしいですね。
gmailなどのGoogleのサービスの一貫として、この「Google+」があるため、
まず、Googleのアカウントを取得し、
その後、改めてGoogle+のサービスを登録しないといけないわけです。

こちらに詳細がありますが、ものの数分で作れると思います。
[ハングアウトの始め方:主催者としてお友達を招待する]

①Google+のアカウントがとれたら、
左側のメニューバーからホーム(家マーク)を選択します。 
②右側に「ハングアウトを開始」というボタンが表示されるのでクリックすると設定画面が別ウインドウで立ち上がります。
 WS000006

←クリックすると拡大


③初回だけプラグインのインストールアラートが出るので、言われた通りにやります。
④[参加]をクリック。
WS000007


←クリックすると拡大



⑤白いハングアウトのホーム画面が出てきますので、[招待]をクリック。すると、自分のサークル(友達登録)している人のリストが出ますので、そこからお話したい人を選び[ハングアウトに招待する]をクリック。
⑥これで相手に招待状が届くので、相手が招待に応じてくれるのを待ちます。
⑦相手が[参加する]を押せば、会話が開始されます。

[ハングアウトの始め方:お友達の招待を受ける]
①メールやGoogle+に招待が届きます。
②[参加する]をクリックすれば、白いハングアウトのホーム画面が立ち上がり、招待者と会話を始められます。

こうやって文字で書くと、すごいめんどくさそうですが、
実は非常に簡単なので、とりあえずやってみようーぐらいで大丈夫です。

Googleからの説明リンクはこちらです。
Google+ ハングアウトの始め方
2 .終了後の反省

まず準備が不足してましたね。。
私の質問が冴えなかった・・・のが番組が長期化して
ダラダラしちゃった原因かなぁと反省。

それと、放送中に影でやることが思いの外多くて、
肝心のマイクさんの話に集中できなかったです。
せっかくお話いただいたり、ボールをうまいこと投げていただいたのに
コミュニケーションがうまいこと成立しなかったのが残念でした。
放送の内容について深追いはしませんが、
放送を終えてみて、自分の甘さを痛感。

将来に対する展望もはっきりないし、
しっかり展望を持つための努力もしてない。

とりあえずブログはがんばってる。
でもその次の一手がまったく出来てない。

凹みましたけれど、放送でたくさんのヒントをいただき、
一晩寝てやるべきことが見えてきました。
ハングアウトを使った勉強会もやりたいし、
読みたい本も増えましたし、
へこたれずに見えた課題に向かっていきます。

最後に放送3時間を通して、しみじみ思ったんですが、
私はマイクさんに本当にお世話になってますね。
放送中も毒舌の向こう側ですごく気を遣っていただいて。。。
私がゲラゲラ笑っている間に、
ネタをどんどん話してもらって、盛り上げていただきましたし。

マイクさん、お疲れさまでした&本当にありがとうございました!

さて、次は内容をダイジェストにまとめてみようかなと思います。 

2013年3月4日

フェロー・アカデミー「いま人気のポピュラー・サイエンス本を訳す」を受講しました

先日、翻訳学校オープンデイの記事を書きましたが、
フェロー・アカデミーの「いま人気のポピュラー・サイエンス本を訳す」を受講してきました。

講師はポピュラーサイエンス分野で知らない人はいないでしょう、斉藤隆央さん。
訳書をいくつか拝読しているのですが、どの本も難しい内容なのに、
日本語がすっきりしてすごく読みやすい。文系な私でも抵抗感なくワクワクしながら読めるんですよね。

そして直接翻訳とは関係ないのですが、
私は訳書だけでなく、密かに斉藤先生のツイートファンで、
ツイッターでフォローさせていただいていているのですが、
今まで直接お会いする機会がなかったので、この講座でご挨拶できればいいなーぐらいの
軽い気持ちで受講を決断(ミーハーですみません汗)。

事前課題は、ご自身が以前に訳された
こちらの書籍の冒頭部分の3パラグラフ(550字程度)。




これがすごく難しくて、どう考えても「イマイチ」な訳文を送ってしまっていたので
「ご挨拶したくて申し込んだのに、恥ずかしすぎてできないかも・・・」と
私にして珍しく、前夜は緊張して眠れなかったり。

さて、前置きが長くなりましたが、始まってしまえば
そんな恥じらいも吹っ飛びまして、とても充実した100分となりました。

まず冒頭で、
科学書の翻訳では、正確さと日本語の読みやすさを両方兼ね備えることを目指しましょう
というお話があり、
その実践として、5つの例文(対訳)を見て、
どこがおかしいか、正確さを欠いている部分がどこかを検討しました。

講義スタイルとしては、受講生の自主的な発言を促す感じでしたので、
私もおそるおそる挙手して珍答を披露したりしましたが、
おおざっぱな私には本当、難しかったです。

たとえば、
millions of ducks and geese mass in Canadian lakes for their annual migration
無数のアヒルやガチョウが南へ渡るためにカナダの湖沼に集まる

この中でおかしいところはどこか、を考えました。
答えは「アヒルやガチョウ」。
日本語でアヒル、ガチョウはいずれも家禽。野生じゃないんですね。
この場合、野生の鳥について書かれているので、
「カモやガン」が正確な訳となると。

続いて課題文についても質問フリーのスタイルだったので、
けっこうたくさん質問したんですけど、
後半はなんとなく、「あれ?私ちょっと質問しすぎ?」と控えてしまったりしたんですが、
もったいないことしたーと今反省してます。
遠慮は無用。教室では非情に徹するべきだったかもしれませんね・・・。

課題文の解説を全て書き記すことはできませんが、
まず原文、訳例、自分の訳を並べると、
訳例は原文の流れをそのまま生かしてあって、
原文を足すことも引くこともない、美しい訳、という印象でした。

私の訳は、日本語がうまくまとまらないと、
前後を入れ替えたり、原文の単語から離れた訳語を選んで、
なんとなく落ち着かせるようなこさかしい感じなんですけど、
訳例は、文を大きくいじることなく、原文に遊びがあるところは、それを拾い、
科学的な説明部分はもちろん正確に。
翻訳書としてのいい意味でのひっかかり(日本語にはない概念や思考の流れ)は生きているのに
それでいて読みやすいという、さすが斉藤先生は違うーとうなってしまいました。

私は主に「訳例がそこに落ち着いた経緯、考え方」が知りたかったので、
そういった方向の質問をいくつかしましたが、
その中にはなぜ斉藤先生の訳書が読みやすいのか、ヒントになるような答えもありあました。

たとえば、
私訳: 氷床が融解した際に水が集まってミシガン湖を含む五大湖になった。
訳例: それが解けると、水が集まってミシガン湖を含む五大湖ができたのだ。

ここで前半の動作を「解ける」とすることで、
後ろの「集まる」という言葉とバランスが取れるようになっているのがわかります。
私の訳だと、「融解」と「集まる」で難易度に違いがあるというか、バランスが悪い印象。
科学書はカタカナや漢字が多くなりがちなので、
できるだけ使わなくていい漢字は使わないように読みやすい日本語を心がけているということでした。

他にもなるほど!な考え方をたくさん教えていただき、本当に勉強になりました。

医薬翻訳、特に最近の受注傾向として割と堅い、決まった表現があるような文書を多く訳していたので、
今回のような出版物の翻訳はすごく考えるところが多く、頭もかなり疲労しました・・・。

授業で盛り上がった気持ちをそのまま利用して
終了後に勢いよく斉藤先生にご挨拶もできました!
目標達成!イエイ!
少し雑談もして、ますますファンになりました~♡ 

しかも調子に乗って、私の訳文に赤入れをしていただいた生原稿を「ください」とお願いしたところ、
快く応じてくださり、家にもって帰って熟読。
これがまたすごい勉強になる・・・
そりゃもうすごい真っ赤っかなんですけど、こんなに丁寧に読んでいただけたのかという感動と、
どのコメントも言葉使いが丁寧でお人柄がにじんでます・・・。ありがとうございます。家宝にします。

今回の他道場見学も多くの発見があって楽しかったです。
楽しかった、面白かった、だけで終わらせないように
これからの仕事に反映させていければなって思います。がんばりまーす!