2013年11月28日

【全体編】JTF翻訳祭:「SNS活用で翻訳をステップアップ!~SNSが結ぶ絆と知恵~」のまとめ!

11月27日(水)にJTF翻訳祭が開催され、私も一番最後のセッションに登壇して参りました。

JTF翻訳祭:トラック6セッション4 パネルディスカッション
「SNS活用で翻訳をステップアップ!~SNSが結ぶ絆と知恵~」


モデレーター:斎藤貴昭さん(@terrysito、テリーさん)
パネリスト:小林晋也さん( @SHINHAM3
            長尾龍介さん(@Garyou_Tensei


ここでは【全体編】ということで、
パネルディスカッションを通して感じたこと、伝えきれなかったこと、反省点などをまとめたいなと思います。自己紹介のところでお話したインフラ化については、別のブログ記事を書きますので、もう少しお時間ください。


★導入部分
会場のみなさんに挙手によってテリーさんのアンケートに答えていただきました。
フリー翻訳者と企業さんからいらしている方は半分ずつぐらい、
Twitter とFacebook(FB)の利用者はだいたい80%ぐらいという感じだったでしょうか。
思ったよりも仕事に利用している方が少なく、同業者との交流ツールという方が多いのかなという印象でした。

当日、本当はここで私の自己紹介をしなければならなかったのに、ゲリラ的にインフラ化の話しをしてしまったので、ここで
私の利用状況についてご紹介したいと思います。

FBとTwitter、このBlogと最近になってLinkedInの比率が高いです。
Tumblerも好きで流れてくるカオスを楽しんでいます。暇つぶしです。
Pinterestはプライベートに使っていて、趣味のクラフトアイディアをため込んでいます。

それとここでこそっと、ハンドアウトの訂正です。
Naverまとめ、昔は個性的なものが多くて好きだったんですけど、最近はお金の臭いが強くて楽しくなくなってる・・・ごめんなさい。Naverまとめは「オワコン」(もう面白くないコンテンツ)枠に入れてください(笑)。

★本編
SNSを使いはじめたきっかけなど、テリーさんや会場からの質問に答える形でお話しましたが、私以外のパネリストの方の発言についてはあえてまとめの対象にしません(緊張していたし、正しく記憶している自信がないので)。ここでは、私の発言内容の補足に注力したいと思います。

★Q1:SNSを使うことになったきっかけは?
会場では家族か友達に誘われて、Twitterをとお答えしたと思います。

でもSNSってよく考えたらTwitterだけではないので、改めて歴史を振り返りますと、最初のSNSメディアはブログでした。
前からHPみたいなのが作りたいなぁと思っていたのですが、HTMLのエディターも試したけど、めんどくさすぎて挫折。その後、ブログの存在を知り、飛びつきました。これがたぶん2006年か2007年ぐらいだったと思います。
最初は生活面でも仕事よりも育児の比重が高く、育児ブログを毎日更新していました。

2009年にTwitterを開始。
その前にMixiはやっていたと思うのですが、いずれのメディアも翻訳の仕事とはまったく無関係に始めて、楽しんでいました。

2011年の震災前に、神戸の猫先生(@mariko_rouge)を偶然フォローし、始めて面識のない方にリプライをしました。怒られたらヤダなとドキドキしてたんですが、とても親切にしていただことで、「これはいける!」と多くの翻訳者さんのフォローを開始しました。

相手がどんなにエライ人か、大先輩かよくわからない・・・というSNSの長所が功を奏し、ただ「この人は面白い」とか「この人のブログは勉強になる」という純粋(というか無謀な)気持ちだけでおそるおそるリプライしたり、コメントを付けてRTしたりしているうちに、多くの方と繋がることができました。

2012年からこのブログを開始。それまでも仕事用としていたBlogがあったのですが、内容を全面的に見直し、記事構成までしっかり考えて書くスタイルに変更しました。

★Q2:SNSを使う目的は?
特に目的なく、日常的にあたりまえに使ってます、といったお答えをしたと思います。

・・・もうちょっとセッションのテーマに寄った発言しろよ・・・と
自分で激しく突っ込みたいです。すみません。すみません。ここで補足を。

情報収集のためにTwitter使ってます、というようなSNSを利用する大きな目的は確かにないんです。

唯一、目的意識をもったメディアはこのブログだけです。
ここは明確に仕事のために記事を書くし、仕事に関連した内容しか書かないと決めています(このことをお話すればよかったんですよね、きっと)

井口さんが当日、以下のようにツイートされていましたが、目的はコレです。


自分でもがんばって情報出すから、みんなもちょうだい♡
みたいな下心がいっぱいです(笑)。

もう一つは、もっと更新頻度があがってコンテンツを増やさないとならないのですが、
私が仕事に対してどういう意識を持ち、どういう目的で、どんなことをやっているのかorやりたいのか、ということを示すショーケースのようになればいいなと思ってやっています。
長尾さんのおっしゃる「遺書」に近いかもしれませんね。

★Q3:SNSを使うようになってなにか変化はあったか
このセッションで一番衝撃を与えた一言は、長尾さんの「レート2割アップ!」でしょうね。完敗です(笑)。

マジで?マジで?という空気とともに、会場が一気にヒートアップ。
ちなみに長尾さん、私には「コタツで仕事して収入2倍」発言もしてます。
まさに天井知らずの勢いですわ~

一方で、私はブログで記事を書いた時に、みなさんの反応がモチベーションアップに繋がっている、というお話をしました。

でもですね、よく考えたら私もレート上がってます(笑)。
去年の翻訳祭で井口さん関根さんもお話されていましたが、
レートアップの秘技というか、交渉術みたいなものの多くはSNSを通じて教えていただいたなと思います。

★Q4:SNSを使うメリットは?
ここでちょっと私の発言に誤解が生じているみたい(Twitter調べ)ですので、ここからはちょっと声が大きくなります。

私はSNSとリアルとをほとんど等価、差や境界線がないと感じているので、例えばTwitterでやりとりがあったり、ブログの記事やFBの投稿を読んでいるだけでも、その人なりはずいぶんと分かるものだと思うのです。

実際に一度もお会いしたことないですが、ずっとツイートを楽しみに読んでいたり、もう会ったことがあるような錯覚を抱いてしまう方もいらっしゃいます。
そういった方たちと、リアルでお会いできるチャンスがあったら、
「ファンです♡」と申し添えるようにしている、という話をしたかったんです。

私のファンが多い、みたいな受け止め方をされている?ような気がしたので、真逆なので大慌てで訂正します(滝汗)。
話し方が悪かったですね。誤解を生むようなあいまいな感じでした。ごめんなさい。



パネルではここまで踏み込んだ話はしなかったのですが、SNSとリアルの境界線について少しお話を。

何かで読んだのですが、人間は初対面の時(リアルで)、人の外見で8割ぐらいの人間性を判断しちゃうものなんだそうです。(判断が正しいというわけではなくて、相手のことを「こういう人」と決めつけてしてしまう、という意味です)俗に言う「第一印象が全て」みたいな話しですね。

この点では、初めて140文字のツイートを読んだ時と初めて顔を合わせた時を比較すると、
圧倒的にリアルで顔を合わせる方がその人に対する印象や情報は深いものを得られると思います。
でも、ある一定期間、SNSの中で文章、コメント、何気ない一言を目にしていたらどうでしょうか?その人なり、考え方など、多くのことが伝わるような気がしませんか?

インフラ化の話し(後日)にも関係しますが、こうやってSNSを通じて相手の人間性みたいなものがわかってしまう一方で、自分のことも見られているんだということを意識することはあまりありませんよね。
だからといって、自分を「装う」みたいなことをしろと言っているわけではありません。
自分の素の部分がSNSというメディアを通して伝わるのであれば、それがプラスに作用するように心がければいいんだと思うんです。リアルでも態度が横柄な人は嫌われるし、悪口ばっかり言う人は疎まれますよね。リアルでもSNSでも同じことなのかなと思います(自戒もこめて)

★全体を通しての感想
会場にお集まりいただいた皆様、本当にありがとうございました。
これだけ「リアルとSNSは等価だ」みたいなことを言っているのに、やっぱり当日、壇上で実際に存じ上げている方のお顔がちらほら拝見できてすごくほっとしました。
そしてみなさんが笑ってくださったり、ご質問をいただけるというのがこんなに嬉しいことなんだーと壇上から知ることができてよかったです。

パネルディスカッションとしての質がどうだったのか...
正直に申し上げて私にはさっぱりわかりません。
もっと会場のみなさんと盛り上がれるような、誘導できるような発言ができればよかったのかなぁと、今だから思えるのですが、その場では無理でした...
でも、私はとても楽しかったです。準備期間に勉強したことも、みなさんのお顔を見ながらお話できたことも、終わってから飲んだビールも、すべてがよい経験でした。

この機会を与えてくださったテリーさんとJTFさん、そして盛り上げてくださった会場のみなさん、Twitterでツダりを楽しんでいらしたみなさんも、本当にありがとうございました。こうやって声をかけていただき、しかも多くの方に集まってきていただけるなんて、幸せだなーとしみじみ思っております。

次はがんばって「インフラ化」の記事を書く予定です。

2 件のコメント:

  1. カンサン、こんにちは。猫先生です。
    パネルディスカッションは私も一度だけ経験しましたが、緊張しますよね。
    あとでああ言えばよかった、こう言えばよかったとか考えてしまいますし。
    お疲れさまでした。

    Twitterでの私とのやりとりがきっかけで多くの翻訳者さんをフォローし始めたとのこと。
    それははじめて知りましたが、喜んでいただけたようでうれしいです。
    これからもリアルでもSNSでもおつきあいをよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 猫先生、どうもありがとうございます。
      そうなんですよー。猫先生は私の恩人!
      大阪でカレーランチも楽しかったですね!また今度ゆっくりおしゃべりできればと思います。
      (時間も短めで失礼しちゃったし、ほんと残念でしたー)
      関西も一度行くとすごい近いってわかりましたし、また遊びに行きたいなと思います。
      引き続きどうぞよろしくー

      削除